資格試験大百科

資格試験大百科では、日本で取得できる資格試験の概要を網羅しています。国家試験、公的資格、民間資格の種類や、情報処理や福祉から、環境やコンサルタントの資格取得方法を説明しています。

核燃料取扱主任者

核燃料取扱主任者とは?


核燃料取扱主任者とは、核燃料物質の加工および使用済み核燃料の再処理において、
取扱や管理等に関して高度の専門知識と技術をもって監督、保安責任者のための国家資格です。



資格特徴
資格難易度 : やや難しい。合格率は20%程度と横ばい。
資格取得後 : この資格を持っていれば燃料集合体を製造する加工工場や、プルトニウム再処理工場などで、保安監督主任者になることもできます。
業務内容 : ウランを加工し、燃料集合体を製造する加工工場や、使用した燃料から再びウランやプルトニウムを取り出す再処理工場で、核燃料の取扱や管理が安全に行われるよう監督する保安の責任者です。


資 格 概 要 受験資格
制限なし
 ※第一種放射線取扱主任者試験に合格した者は「放射線の測定および放射線障害
  の防止に関する技術」の試験科目が免除されます。


試験内容
●筆記試験
◆1日目
?核燃料物質に関する法令、?核燃料物質の化学的性質及び物理的性質
◆2日目
?核燃料物質の取扱いに関する技術、?放射線測定・放射線障害防止に関する技術


試験日程
3月上旬頃(2日間)


受験地
東京


受験料
45,700円


合格発表日
5月下旬頃


受験申込・問合せ
経済産業省原子力安全・保安院原子力保安管理課 03-3501-1511


ホームページ
経済産業省


資格参考書・資格問題集
資格関連書籍はこちら


核燃料取扱主任者に関連する資格
放射線取扱主任者  原子炉主任技術者
SponsoredLink
ヒューマンアカデミー
テレビCMでも有名ですね。無料資料請求が可能です。
資格の学校TAC
資格取得の学校で資格取得率の高さはかなり有名ですね。無料資料請求ができます。
不合格から学ぶ合格法

資格合格のコツは不合格の中にある!

音速資格試験合格術

極力まで効率化して短期間で資格取得をする!

社労士超高速勉強術

1年足らずで行政書士・社労士・宅建の資格に合格した筆者の勉強法を公開!!


 | HOME | 

 

ブックマークに登録Yahoo!
ブックマークに登録


資格区分から探す

資格種類から選ぶ

資格一覧

無料資料請求が可能資格講座

通信講座

資格試験リンク

このブログをリンクに追加する

定番リンク

RSSフィード

 




Copyright © 2005資格試験大百科 All rights reserved